サプリメントの副作用による健康への影響

基本的にサプリメントは医薬品ではないため、副作用の可能性はとても低くなっています。

サプリメントで、日頃欠乏気味の栄養素を確保することは、健康増進を目指す人にとってはとても重要です。身体に必要な栄養を確保するためには、サプリメントの特性を理解し上手に使っていきましょう。

サプリメントは、食品扱いなので副作用の可能性はとても低いですが、だからといって飲み過ぎは身体によくありません。食べ物と同様に、同じ物ばかり摂りすぎると、身体に不具合が起きることがあります。美肌作用や血行促進作用があることで人気のビタミンEが含まれるサプリメントがたくさん売られています。

ビタミンEは脂溶性ビタミンに該当するもので、体内に蓄積されやすい性質を持っています。出血性脳卒中が、ビタミンEを大量に摂取した時に身体に発生するトラブルとして、挙げられています。ビタミンAになるβカロチンも、脂溶性ビタミンです。そのため、過剰摂取は体内に留まり続けます。

また、たばこを吸う人がβカロチンを摂取すると、肺がんの危険度が高くなります。

禁煙治療薬についての体験談はこちら:チャンピックス

サプリメントも副作用の可能性がないわけではありませんが、多くの場合は、大量摂取を長期的に行っていたという時だけです。

もしもサプリメントで健康を損ねたという人がいても、原因が他にある場合もありますので、慎重に見極めてください。サプリメントは1日の摂取量を守って、長く続けるのが正しい使い方です。